やっててよかった定期検診!

歯科検診のタイミング

一般的な定期検診の頻度

一般的に歯医者さんの定期検診の頻度はだいたい3ヶ月と言われています。
これは歯医者さんなどで検診を行うと、むし歯や歯周病になる菌が減ります。
ただ、全くなくなってゼロになるわけではありません。
一時的には菌が減りますが、また2ヶ月から3ヶ月後には菌が再度増えて行きます。
ですから、だいたい3ヶ月ごとに定期検診を行うことが一般論だと言われているのです。
増えてきた頃にまた歯医者さんで取り除いてもらいましょう。

ただ、3ヶ月に1度というのは誰でも、ということではありません。
普段から歯ブラシだけでなく、フロスや舌ブラシなど自分自身である程度上手に磨けている人はこの頻度で大丈夫と言えます。
あとは、歯周ポケットが3ミリ以下であれば自分自身でケアしやすいので、3ヶ月に1度でいいと言われています。
自分の歯周ポケットが何ミリかは歯医者さんで見てもらえるので、今後の検診のためにも確認しましょう。

歯が弱い人はもう少しスパンを短く

先ほど一般的な定期検診の頻度をご紹介しましたが、そうでない人はどのくらいの頻度で検診をするべきなのでしょうか?
自分自身でフロスをしていなかったり、ケアが上手でなかったり、すでに歯周病になってしまっている人は1ヶ月から2ヶ月に1度の頻度で検診を行うことをオススメします。
あとは歯が汚れやすい人もこのくらいの頻度が望ましいでしょう。
体質や肌質があるように強い弱いなど歯も人それぞれです。

ですから、自分に合った歯の磨き方や他にどんなケアの仕方が普段から必要か歯医者さんに指導してもらいましょう。
歯医者さんで定期検診をすることで、そういった自分自身でケアする方法をプロの先生から学ぶことができますので、しっかり検診されることをオススメします。


この記事をシェアする
TOPへ戻る